読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木すうこのイヌ負け.com

鈴木すうこの残念な暇潰しブログ。

暑いからこそ、ホラーを観よう!

先日お客様が「映画のイベントをプロデュースするんだけど、君、映画観る?」って言うからね、わたしとしては意気込んで「もちろん観ますよ!」とお答えしたわけで。
したらば「へえ!どんなの観るの?月どのくらい?」って食い付いてきたから、またまたわたしも前のめりで「やっぱりSFとアクション、ホラーです!前は月20本くらい観てましたけど、今は5本くらいですかね!?」って言ったのね。

したらば、したらば、


「……あー、お姉さん、そんな感じだよね。……あー、一応聞くけど、恋愛映画とかは?」

わたし「あ……えっと……観ません……すみません……」


さっきまでの盛り上がりが嘘のように、一瞬にして、お通夜みたいになりました。

け、けど、ジェニファー・ロペス主演「ウェディングプランナー」とか観たし!
若かりし頃はデートで「冷静と情熱の間」も観たよ!

若かりし頃のデートの件について、わたしは猿の惑星が観たかったんですけど、ジャンケンで負けましてね。
すっごいテンションだだ下がりで観ました。
鐘の鳴るシーンが長くて長くて・・・こういうシーンを撮るから中弛みするんだよって、シラけてたなぁ・・・ほんと、わたしは何様だ。


つーことで、本日、急遽お仕事がお休みになったので、お母さんとDVD観てました。





デビル [DVD]

デビル [DVD]






エレベーターの中で数々の奇怪な事件が起きるソリッド・シチュエーション・ホラーってやつですね。

何か、どっかで見たような・・・?って思い返していたんですけど、
昔、松本洋子さんていう少女漫画家がいまして。
途中からホラー少女漫画家みたいになってたんだけど、皆、知ってる?
ネットで今だに物議を醸し出している不屈のトラウマホラー漫画「にんじん」を描いた、あの方です。

この「にんじん」、なかよしだかの付録漫画の一編だったんだよね。
リアルタイムで持ってたけど・・・どこ行ったかなー?

とにかく、その方が描いた「乗り合わせた死神」(ちょっとタイトルが曖昧)っていう漫画に似てるんだ!

って気付いたんですが、映画の方もタイトルが「DEVIL」だからね。
シチュエーションも同じでタイトルも似たり寄ったりなら、まぁ、展開も似た感じになろうってものだよね。

ちなみ、「乗り合わせた死神」のオチはいろんな意味で驚愕展開なので、気になる方はぜひ、ご一読ください。


話を戻して、こちらの「DEVIL」は80分程度にまとまった映画なので見やすいです。
ホラー展開もグロ展開も控えめで、後味もそんなに悪くない。
タイトルでネタバレしてるぶん、安心感はあります。
ホラーが苦手な方も、取っ付きやすいですよ(・∀・)b


洋画は宗教が根付いてるからか、ホラーはとにかく死神・悪魔系が多いよね。
韓国とか日本だと、ホラーと言えば心霊系で、あんまり死神だー悪魔だーとはならないじゃないですか。

こういうところに文化の違いを感じます。
セリフを挙げても
「Shit!(畜生!)」はあっても、
「Oh, my god!(ああっ、神様!)」とか、日本じゃ言わないもんね。
それがまた面白い。

取り敢えず「DEVIL」は☆3つくらいで。





そんなわけで今日は、ちょうど暑くもなってきたし、オススメ☆ホラー映画3連発!

第1弾は、





ザ・リング [DVD]

ザ・リング [DVD]






こちら!

昔、こっち(真冬にサマラ(先輩)とぶち上げウェルカム☆ホラー・パーティー - 鈴木すうこのイヌ負け.com)でも書きましたが、忘れちゃいけないホラー界の大先輩、サマラ先輩主演のリング・ハリウッドver!

呪いの連鎖なんて、何も生まないよ・・・ね、もう、やめよ・・・?
サマラ先輩には、しあわせになって欲しい・・・!
だから、だから・・・っ!


(暗転)


第2弾は、










何かものっそいゾワッとした「死霊館」。

ローランド・エメリッヒ監督作「ホワイトハウス・ダウン」で主役の娘として、人質ながらYouTubeを使って奮闘したホワイトハウスマニアを演じたジョーイ・キングが出演中。
悲鳴といい、怯えた表情といい、いい演技を見せてくれてます。

これ、実話なんだって。こえーよ、アメリカ・・・・・。


最後は、後味の悪さで名を馳せるこの作品。





スペル コレクターズ・エディション [DVD]

スペル コレクターズ・エディション [DVD]






ラストに「えっ・・・ええぇええ〜〜〜〜〜!?(*`ロ´ノ)ノ」って言ってください。
アメリカではね、八つ当たりもここまでやるんですね!っつー壮大に傍迷惑な八つ当たり作品です。


スプラッタ・ホラーは抜いて、敢えて普通にホラーと言えるであろうタイトルを抜粋しました。

スプラッタ・ホラーならやっぱ「ファイナル・デスティネーション」シリーズだよね!
ブラック・コメディ・ホラーなら「スクリーム」シリーズ!
SAWはソリッド・シチュエーション・ホラーだけども、全く好みじゃないので、何とも言えないです。

後、観たことがない方は低予算モキュメンタリー映画の先駆けとして一時代を築いた「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」もどうぞー。
面白いかどうかってのは何とも言い難いですが、意味がわからない中での恐怖感とインパクトはあるよ!

(・∀・)b