読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木すうこのイヌ負け.com

鈴木すうこの残念な暇潰しブログ。

ここ、なんだ?

姪っ子「ここ、なんだ?」





f:id:suuco:20131030173202j:plain





33歳、ゆとり世代前の週6で学校行ってた(途中から週5)時代を生き抜いてきた身ですが、ちっともわかりませんでした。
選りに選ってそこを指されるとはね、ちょっと予想だにしなかったなー。

したらば、問うてきた側の彼女がね、ふいにこう言うわけです。


姪っ子「じんちゅう!」


え、何だって?


姪っ子「じんちゅう!」





f:id:suuco:20131030173619j:plain





おま、すげーな!!!!!

もうね、2歳児のセリフとしては素晴らしいと言わざるを得ない。
着眼点て言うのかな、ポイントセレクトも他人と違うユーモアを感じさせるよね。
目を見張るものがある。
わたしも調べて初めて知ったよ、人中穴。
iPhone5の予測変換にだって出て来ない。

つーかほんと、iPhone語録少な過ぎっから。
頼みの綱でsiriさんにお伺いしたら、「これですか?」って出されたのが陣中間ツアー。
そんなツアーがあるのか、と。
そもそも陣中間て何ぞや、と。
野球用語でそんなのあった?
メゲずにもっかい聞いたら「禁忌穴ですか?」って、それも知らなくて。
ネットで調べたけど出てこなくてiPhone投げそうになったんですけど、大きく振りかぶったところで机に肘を強打したので、これはきっと神様がね、「まだ支払い終わってないじゃん。ちょっと落ち着け」ってね、言ってたんだと思います。

で、我に返って人中穴 調べたらね、


“ここを突くことで生き返りの効果がある”


すごいとこに着目したなって。
ほんと、2歳児が気に掛けるにはだいぶ早いツボなんじゃないかって。
生まれて2年でもう来世のことまで見越してるとは恐れ入った。
若旦那が必死に「俺が教えたんですよー」つってたけど、そんなんはどうでもいい。

何て素晴らしい幼児なんだと褒め倒してやろうとしたら、すでにディズニーランドネタに会話がするっと移行してました。
何かわたしも行くことになってました。

「楽しみだねー」
つったら、


次女「わたしさー、ディズニーあんま好きじゃないんだよね」
って、おめぇ……意味がわかんねぇよ・・・。
わたしだって大ファンなわけじゃないよ・・・いや、嫌いじゃないよ?
嫌いじゃないけどさぁ……いいけどさぁ……。

姪っ子が喜んでくれたならそれでいいと思って彼女に振ったら
「ミッキーこわい」言ってました。
もう、どうして行くのかわからない。

そうは言っても夢と魔法の国っつーくらいだからね、軽く魔法に掛かって浮かれトンチキでうはうはしながら帰ってくんじゃないかな。
ディズニーってのは、そういう場所だよね。

ディズニーランドってのは・・・・・


ランド、かぁ・・・・・


大人が行くにはだいぶメルヘンだなぁ……中の人はいない、中の人はいないのよ!って、意気込んで行かないとなぁ……

中の人はいないのです。
ミッキーはスーパースターなのです。
後者において、異論はないです。ほんとに。
ムーミンだって妖精だから、したら何でも大体オーケー出る。
皆そうやって大人になるんです。
それくらいの器がないとやってけない


今日はとにかく、人中穴だけ、持って帰っていただけたらなって思ってます。
疲れた時は人中穴、生き返りたい時も人中穴!

つってトイレ行ったら、えらい量の血液が解き放たれたんですけど、ほんと、どんだけ内包してたんだってね。
内臓っつーか子宮のやる気が、わたしの意思を凌駕してくる。
年齢に対する精神的追い込みがスゴイ。
「まだですかー?」っていう体の揺さぶりがハンパない。

まだ、です・・・。

けどさ、時代は晩婚化してるわけで、したら自動的に出産も遅くなるわけじゃない?
体も時代に合わせてくべきだと思うのね。

ミッキーが人中穴押しながら、
「そんなに生き急ぐことないよ!今の時代、まだまだ産めるよ!」って言ってくれたら、
わたしも魔法に掛かれる気がします。
ついでにお腹も痛くなくなる気がします。