読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木すうこのイヌ負け.com

鈴木すうこの残念な暇潰しブログ。

笑ってはいけない○○式

もー書いちゃっていいかな?

書きたかったけど書けなかったことがあるの。
あ、違う違う、恋バナとかじゃないんだーめんごー。
恋バナとかも書くことあれば書いておきたいんだけど、今んとこ、そこ ガラ空き。
自分でもびっくりするくらい、興味が皆無。

朝からゴミ出しして、洗濯機二回ほど回して、
「今日晴れたわー、おっし!」
とかね、いってる毎日、結構しあわせ。


しあわせ……・・・

わたしのしあわせ、安くない?
ここまでの時点で、洗濯機二回分の電気代しか掛かってないんだけど。





じゃ、さらっと書くけども。

先日、告別式でのことなんですけどね。
まず、ここだけ押さえておいていただきたい。





f:id:suuco:20130207111717j:plain






これと、





f:id:suuco:20130207111813j:plain

(または、香立て / 線香立て)





これね。

鈴(りん)は、よく仏壇とかにある拝む前に「チン、チーン」て鳴らすやつ。
鳴り物っていうらしい。
鈴(りん)を鳴らす布が巻いてある棒は鈴撥(りんばち)つーらしいのね。
で、
香炉ってのは所謂 線香立てるやつ。
立てないで置く場合もあるけど、サイズが鈴(りん)とは明らかに違うよね。
線香を横にして置けるくらいだから、まあ、結構デカい。


それで、ちょっとばっかし受付頼まれちゃったもんで、
三姉妹で参列してきたんですけど。
わたしもね、なんの因果かうっかり長女なもんで、いつか喪主とかやるんだろうなーって、こっそり参考にしてたわけ。

こんなに立派に送り出してもらえて、爺ちゃん、すごいね。
爺ちゃん、よかったね。
いい人生だったかな。
いい人生だったって、爺ちゃん自身が思えるものだったらいいな。

うちの爺ちゃんじゃないんだけど。

そんなこと考えながら、ユニクロのスーツ着て参列してたの。

わたしが思うになんだけど、
結局、死んだら自分はそこで終わるわけで、自分の人生だったはずなんだけど、良し悪しを決めるのは遺された人達なんだよね。
「あの人はああだったね、こうだったよね」って語るのは他人の口なの。
誰かの思い出の中でしか語られないの。
だからこそ、みんな、どっかしらに自分を刻み込んで欲しくて、忘れて欲しくなくて、一生懸命生きるのかなぁって思ったりね、したわけ。

妹とかね、ちょっと泣いちゃってたわけ。


うちの母はね、それ見ていったよね。





「お母さんのときは、お笑いLIVEやって欲しい」





あ、うん……ちょっと、つーか、ちょっとどころじゃなく主旨変わっちゃうけど……
お、お笑いLIVEかぁー・・・
おそらく喪主はわたしだろうけど、したら、喪主の立ち位置も、結構変わってくるなー……。

やっぱ、黒いスーツじゃダメだよね。
でも、真っ赤じゃちょっとあれだし……間を取って、黒いラメ入りスーツとか?
「喪主、または司会者」とか書いてあるタスキ斜めに掛けて、


「さー、始まりました!てる子(※母の芸名)カップ in 告別式!優勝者にはなんと!母のポケットマネー(遺産)より十万円が贈られます!」


こんな入りで、式、始めんのかなー。





……悪くないかも?

なんか、いい。
寧ろ、いい。
俄然、盛り上がる。

あれ?葬式とかって、盛り上がっちゃっていいの?
ま、いっかー!

で、
「じゃあ出棺の時のBGMはどうする?」
「お母さん、嵐がいい」
「オーケー、嵐ね」
みたいな話してたんですけど。
なんつー不謹慎な親子。

でもさ、本人に希望があるなら、聞けるうちに聞いておかないとなーと。
どこまでプレゼン通るかは、ちょっと、わかんないんだけども。


そんなこんなで最後のお焼香。
みんな、啜り泣きとかしてて、まあ、わたしは姪っ子のお守りしてたわけですが、シーンとしてはクライマックス。

順番が回ってきたので姪っ子を母に預け、次女とわたしがラストだったんですけど。





で、冒頭のあれが絡んでくるんですけど。





f:id:suuco:20130207171312j:plain

これと、


f:id:suuco:20130207171626j:plain

これね、





次女、間違えて叩いたよね。

「チン、チーン」て鳴るとこ、
「カンカンッ」とか、やたら軽めな音、響いたよね。

本人も「えっ!?」とかいっちゃってんだけど、こっちこそ「えっ!?」だから!
しかもなんか、縋るような目でわたしを見たけどね、お姉ちゃんとしても、
ちょっとそこはフォロー出来ねぇー!
だってあんた、もー叩いちゃった後だし!

で、


「え、あれ?」


つって、あいつ、もう一回叩いたからね、





f:id:suuco:20130207172332j:plain

こっちを。





「ぶーっ、ふっ、ごほっ、ごほごほごほっ」


我慢が利かずに噴き出しました。
ついでにむせました、わたしが。

おま、さっきそこに線香やっただろうが!
一回失敗して、辺りを見回してたのはなんだったわけ!?
なにを確認してたんだっつーの!
同じ失敗するとか!

しかも、このシーンでするとかーっ!





「なにかやらかすと思ってはいたけど、お姉ちゃんじゃなく、まさか次女ちゃんがやるとはね」
(末妹 / 後日談)





末妹はやたらと冷静でした。

その時、一緒に笑ってくれた喪主のおっちゃんが


「お陰でなんか、和やかでいい式になったよ」


そういってくれたのが、最大のフォローでした。

爺ちゃん、いい式だったかな。
そうだといいな。
何十年後かには てる子カップ開催されっからさ、
その時は、天国から爆笑してくれっといいな。

あれ、なんかいい話?


まあね、生きてるうちは笑ってなんぼ。
「そっちのが嬉しいよ」って、死んだうちの婆ちゃんもいってました。