読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木すうこのイヌ負け.com

鈴木すうこの残念な暇潰しブログ。

ゾーン的にはSexyでもいいのかもしれないけど、方向的には違うことについて

今日、急なお通夜で
嫁にいった末妹が横浜から帰宅したんですけどね。
顔合わせた途端
「わっ!?Σ(゚д゚lll)」とかいうんです。


「なに?」

末妹「ばっちりメイクしてっから、びっくりした」

「受付頼まれてんのに、いつもと同じ方がびっくりしちゃうでしょうが」

末妹「あ、そっかぁ……眼鏡にすっぴんじゃまずいよね」


そもそも、メイクしててびっくりされるって、どういうこと。
あんたの姉は客観的に見て、
普段から、そんなに気が抜けてるってことなの?

やめて。
お姉ちゃんを不安にさせないで!


末妹「今日さ、ここ来るまでに、なんでお姉ちゃんが残念なのかを考えてたんだけど」

「もっと別のこと考えながら来なよ」

末妹「(スルー)カラオケ似合うんだよね、お姉ちゃん」


は?カラオケ?





末妹「Sexy Zone歌ってそうなの」





それは……


「……残念感あるねー」

末妹「残念ていうか、とにかくカラオケが似合っちゃって似合っちゃって」

母「あーわかるわかる」

末妹「『カラオケ行こー!』『じゃ、すうこ誘おー!』みたいな。次女ちゃんとかは違うじゃん。ディナー誘いたくなる感じでしょ」

母「お姉ちゃんはカラオケだねー。わかるわかる」


お母さんも わかるわかる いいすぎ。


末妹「お姉ちゃんはとにかく、Sexy Zone歌って盛り上げてそうなんだよ」


力強くいってましたけど、
Sexy Zoneは歌わないから。
「盛り上げてっていうか、盛り上がっちゃってそうっていうか」とか、なんとかかんとかいってたけど、
お姉ちゃん、Sexy Zoneは歌わないってば。

語弊がありそうだからいっとくとね、別にSexy Zoneは悪くない。
三十路過ぎのわたしがSexy Zone歌ってそう、てとこに問題があるわけ。





で、お通夜で会った昔の塾講師時代の教え子達に
「先生、いつまでも若いねー!」
とか、いわれたんですけどね。
「ほんとーっ!?」
とかいって、盛り上がっちゃったんですけどね。


あの子達も


「なんか、Sexy Zone歌ってそうだよねー」


とか、思ってたのかなって思うと、気が気じゃないです。

だから、Sexy Zoneは歌わないってば。