読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木すうこのイヌ負け.com

鈴木すうこの残念な暇潰しブログ。

女子力とはつまり、女子的戦闘能力

さっき、うきうきしながら
「やっぱキレイなお風呂に入りたいよねー」つって、風呂釜掃除してね、お湯張ってたんですけど。
で、うきうきしながら
「やっぱキレイなキッチンがいいよねー」つって、食器洗ってキッチンもキレイにしてね、「よし!」とかいって、結構な満足感 味わってたんですけど。

ふと思った。

なにが「よし!」なの。

いや、いいんだけど。
お風呂もキッチンもピカピカになりましたし、全然よしなんだけど。
お父さんにカレーうどんもね、手抜き夕飯ではありますが食べさせましたしね。
チキンの網焼きも我ながら美味かったと思ってます。
明日はまあ、急なお通夜 入っちゃってるんですが、受付頼まれたので
スーツだって用意万端なんですよ。

普通に主婦してるんです。
つまり、普通に主婦出来るんです。
自分のことだけじゃなくね、誰かのための家事が行えるだけの手腕が、この細腕には すでにあるわけです。


だけど、女子力ないとかいわれてる。


すっごい謎なんだけど、
一時期は家族五人分の家事一切を仕切ってたこともあるわけですよ。

朝ご飯作って、洗濯して、掃除して、布団干して、昼ご飯作って、買い物行って、夕ご飯作って、後片付けして、風呂焚いて、
なんなら翌日の弁当の仕込みだって、してたりしたわけですよ。
あ、ごめん。
ちょっといいすぎたかも。
でも、やってたの。ほんと、割りとしっかりやってたの。
料理が美味いかっつーとわかんないですけど、食えるものは作れるわけ。


で、ちょっとお聞きしたい。

女子力、これでもないの?

じゃあね、ほんと、またもお聞きしたいけどね、
女子力ってなんなのさ。

五人分の毎日を滞りなく快適に過ごせるだけのサポート力でなくして、
女子力ってのはね、一体全体なんなんだっつーことになってくるわけです。


で、Facebook覗いてみたらね、
誕生日だった男の子にある女の子がね、こんなこといってた。





「お誕生日おめでとう。今度、お祝いしてあげる♡」





あ、これか……

誕生日に「お」を付けてちょっと丁寧にしてみたかと思えば、
その後の「お祝いしてあげる♡」つーまさかの上から目線。
極めつけは語尾の「♡」←これ。

たった二文に、全てが集約されてた。


ここでね、わたしだったとしたらね、
きっと、こんな文章したためられない。


「誕生日おめーっ!祝おー!祝いのフェスっちゃおうぜー!任せとけ!」


まあ、こうなる。
「♡」←これとか、完全に頭に浮かんでこないし、上から目線にも程がある。
文化祭の班長みたいなノリになっちゃう。


でね、ついでに思い出したんですけど。

先日、我が王様から
「バレンタインはいらない」つーメールありましてね。
オーケーオーケーっつってたんですけど、
どうやらそれは「くれるならそれでも俺的には全然いいぜ☆」つー振りだったらしく。

……そういう面倒くさい振り、いらないんだけど……とか、いってもね、きっとね、無駄なんだよね。

でもね、みんなはあげるんですって。
わたしは「ナシで!」つったんですけど、みんなはそれでもあげるんですって。

きっと、それが女子力。

だからわたしは今日も明日も女子力とか身に付かなくて、
それでも別に困ることとかなくて、
なんとなく楽しくやれちゃうから、
じゃ、ま、いっかーって。


女子力なくても生活力はあります。