読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木すうこのイヌ負け.com

鈴木すうこの残念な暇潰しブログ。

積雪によりわたしも大打撃

関東、積雪により大打撃。


f:id:suuco:20130116125045j:plain


こんなメールも来ちゃうわけ。
年明けに
「わたしの親友、すうちゃんへ♡あけおめ!今年もよろしくねー♡」
なんつー小っ恥ずかしくも嬉しいメールくれた彼女からね、
びっくりこけまるったメールも来ちゃうわけですよ。

わたしとしてもさ、ちょいちょい、
「あれ……もしかして、わたし達って、その……親友、ってやつ……・・・?」
って思ってたとこ、ある。
人生の半分くらいは共に歩んできてるわけで、テニスの試合では一緒に泣いた。
彼女のあまりに微動だにしないボレースタイルは「地蔵プレー」っていわれてた。

けど、やっぱさ、


「うちら、親友じゃんねー♡」





このセリフ、案外ハードル高くねえー?
もう、下手したら安っぽい。
場末のスナック並みに安っぽさ感じる。
「なんであんなとこでボトルキープしてんの?」っていわれるくらいには、
安っぽさ拭えない。

懐かしいよね。
彼女の結婚式の二次会、思い出すわー。
グリーンのワンピ着てったんだけど、前日、眠れなくてね、二次会始まる頃には
すっかり疲れきってたわけ。
結婚式の伊藤由奈で全力出し切ってた。
なんならボロ泣きでね、知らないおっちゃんとかから
「がんばれーっ!」って声援いただいちゃってた。

ほんと、わたしががんばれ。


人の結婚式でボロ泣きする元気あるなら、わたしががんばれ。


そんな感じで迎えた二次会で受付に任命されてたわけなんだけど、なんつうの?
ほんと、やり切った感と疲労感ハンパなく醸し出してて。
「スナックのママ?」
っていわれたよね、知らない男の子に。
「そーそー、場末のねー」
とか答えてたよね、知らない男の子に。
で、爆笑しちゃってたっけ。


ほんと、わたしががんばれ。





まあ、それから三年くらいは経ちまして、年末から毎日のように
彼女からは赤ちゃんの成長記録報告あるわけですけど。
こけまるメールの後のメールもそれ関連なんですけど。

わたし未だ、そこんとこがんばれてねえから。

だからさ、浮かれちゃうのもわかるけど、わたしの方の気持ちもさ、
ちょっとでいいから、察してくれないかなー?

親友のハードル、軽々飛び越えてきたわけじゃん?
わたしとしても、そう思ってる。
そこ、100パーといわず200パーで断言してもいい。
赤ちゃんは可愛い。
わたしも名付け親の一端担ったわけだし、可愛いは正義だと思ってる。
そこんとこ大いに踏まえて、それでも、
わたしの気持ちもわかって欲しいとこある。

今ね、なんだかんだで傷心中。





まだ、好きかも。


あんな男なのに。
悔しいんだけど、好きかもしれない。
悪い奴じゃないけど、イイ男でもないのに。
メールの一つもすれば、なんとなくのレスは来るけど、それだけなのに。
悔しいからもうメールはしないと決めてるけど、うっかりしちゃいそうになるのがね!
また悔しいよね!


……吹っ切れた気になってたんだけどなー。
おっかしーなー。





Kちゃーん、見てるー?
見てるはずないけど、そのへんどおー?
好きだー
好きだー
まだ好きだー

っつってね、メールしまくってもいいですか。
困惑するのがありありと想像出来て、
自分でも怖いんですけど。





なんだかんだいいつつ、
我が親友の愛娘には癒されております。
彼女のとんちきぶりも、笑わせていただいてます。
だからいいよ、許しちゃう。
それが親友ってもんでしょ。
あんたのしあわせ、一緒に抱き締めちゃってもいい。


だからさ、わたしのしあわせも
そこそこでいいから見つかんないかなー。