読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木すうこのイヌ負け.com

鈴木すうこの残念な暇潰しブログ。

エイジングをアンチするにはわけがある

これ一つで七役!

そんなキャッチフレーズに惚れて買いました。
天真堂のエニシングホワイト。
でも、ちょっと考えてみて。
七役?
あれ、そんなにお肌のコンディション整えるのに必要だっけ?

で、ググった。

化粧水、乳液、美容液、保湿剤、ブライトニング、化粧下地。


な……・・・





女って面倒くせえ!!!!!


えーっ、嘘でしょーっ!?
みんな、そんなにあれこれやってんの!?
そうなの!?


あれ?
一個、足んなくない?
なんだっけ……(・∀・)?

とにかく、みんな
だからあんなにピチピチしてるのか……。
わたし?
ちょちょって感じ。
ガーッて化粧水やって、バーッと乳液つけて、ちょっと興が乗ったら美容液(あれば)つけてーみたいな。
それさえ毎日やるとなると、まー面倒くさい。
右腕に湿布貼る方がよっぽど重要。


あ、スタンド覚醒したと思われた右腕なんですけど。
筋挫傷でした。
腱鞘炎じゃないんだって。
今日、整体いったらね、お兄さんがいってた。


「なんか、ずーっと痛いんです」


っつって診てもらったらね、


「筋肉に傷がついちゃったんですね。なにしたんですか?」


そう聞いてきたから、


「水垢と四時間向き合いました」


そう答えたら、


「それは……さぞかし懸命に向き合われたんですね」


すっげー微妙な顔された。

お兄さん、六年越しの水垢ナメてる?
四時間向き合い続けたわたしに対して、ちょっと、
それはライトな返しなんじゃない?


そんなわけで、わたしの覚醒スタンド「strain」の方だった。
今もバリバリ現役で活躍中!
自己主張マジパねえよ、「strain」。





まあ、そんなわけでね、
わたしとしては、アンチエイジングだカタツムリクリームだパックだなんだっつう前に
もー日々のケアさえ面倒なんですよね。
ほんと無理。
カタツムリ顔に塗りたくるだけの度胸も気力もない。

でもさ、やんないと差がついちゃうわけ。
ただでさえ年下の子達と遊ぶこと多いもんだから、
並んだとき、歴然としてて愕然としちゃうわけ。
三十二歳、ある意味で伊達じゃないわけ。

だからやるの。
面倒でも、道はそれしかないのだから。

まともにやり始めたの去年の春頃からなんだけど。


で、最近薄ぼんやり思うんですけど、
お肌のコンディションいいと化粧ノリが違うのね!
鈴木、マジびびった。
お肌ツルッとしてると、ファンデがツルッと馴染む。

これ、マジ感動。

だって、それってつまり、
下地塗らなくてもいいってことになるんじゃない?

面倒が一つ省けるわけ。
で、そこから味を占めたわたし、
如何に面倒を省けるかの基礎化粧品をめっさ探してた。

それで、見つけたのがDr.C:Laboなんだけど。
一つで化粧水、乳液、美容液の効果アリでね、ささっと済んじゃう。
超ラク。
けど……お高いんですのよ。


そしてドラッグストアで二時間粘って探しだしたのがエニシングホワイト。
さっき使ったばっかだけど、
今んとこ、なかなか悪くないです。
わたし、ヒアルロン酸がどうも合わなくてピリピリしちゃうんだけど、
プラセンタはよさげな感触なんですよね。


プラセンタってなにかご存知?


化粧品のほとんどに使用されてるプラセンタって、豚の胎盤らしいよ。


ヒーッ!
カタツムリよりどうかしてる!
女の美への執念、遂に、豚の胎盤にまで到達してる!
最初に試した人がすごい。
「わたし、豚の胎盤、顔に塗るわ!」
「えっ、それマジでいってんの!?」
こんな会話、あったんじゃないかと踏んでる。
わたしなら試せねえ……。


まあ、そんなこんなでね、毎日、ちまちま年齢と向き合ってます。
そっか、これがアンチエイジングってやつか……

ほんっと、





女って面倒くせえ!!!!!


けど、わたし、負けないわ。
うんこみたいな男に「なに、あのオバサン(笑)」とかいわれたら、悔しいもの。
「うっせー!バーカ!」っつって、膝カックンくらいはしちゃうかもしれない。
人災は未然に防がなければならない。
それによる二次災害も。


ちなみ、
ボディはすこぶる乾燥肌な鈴木ですが、レバンテ リッツのボディミルク モイスチャーリッチは超オススメ!
香りもしつこくないし、テクスチャーもわりとさらっとしてて使いやすいです。
ボディソープも同じの使って、
アンチエイジングがんばっております。


本当にね、
アンチエイジングって言葉、使う日がくるとは思わなかった。
お天道様も仰天してる。


明日、槍が降ったら、マジごめんなさい。